パートタイム労働法について

パートタイマーとは、短時間労働者のことを言います。

パートタイム労働法について

パートタイム労働法について

パートタイマーとは、短時間労働者のことを言います。短時間労働というと、学生アルバイトと混同されますが、アルバイトとパートは厳密に言うと区別されている概念となっています。パートタイマーは、労働法的に表現するとパート労働者となります。パートタイム労働法の適用を受ける労働形態であり、使用者との間で労働契約を締結する際はパートタイム労働法の適用を受ける労働者であるという旨を使用者から明示されることになっています。パート労働者の場合、正社員と同様に労働日数や労働契約に応じて社会保険に加入することが可能となっています。学生アルバイトの場合、社会保険加入は非常に微妙とされていますが、パート労働者であれば比較的加入し易いとされています。

パートタイム労働法では、パート労働者であっても場合によっては正社員と同様に賞与や有給休暇を付与すべきとされています。比較的良好な事業所等では、賞与だけでなくて社会保険に関しては企業年金にも加入してプラスアルファがされることが在ります。企業年金は、厚生年金に上乗せされるものでありパートタイマーであっても適用されることになっています。また、大手の会社であれば健康保険は健康保険組合に加入することになっており、パート労働者の社会保険料負担は比較的軽いとされています。有給休暇に関しては、基本的にパート労働者で勤務成績が良好であれば問題無く付与されることになっています。また、パート労働者であれば労働時間は限定的とされており、残業が課されることはあまりないとされています。労働契約については、基本的に期間の定めが無いものとされており、場合によっては正社員への登用についてもあり得るとされています。

パートタイム労働法は、求人を出している企業でパート労働者を採用した場合に適用されることになっています。正社員との待遇格差の是正や、事業者はパート労働者に対して基本的に定時で仕事をさせるという義務が課されることになっています。職務内容についてですが、基本的に正社員の補佐的な仕事となっていることが多いです。正社員と同様の仕事をパート労働者がすることは無いとされており、正社員と同一の仕事をするような場合は待遇改善についてパート労働者は公的機関に相談をすべきとされています。

Copyright 2015 パートタイム労働法について All Rights Reserved.